MENU

消費者金融の金利の高さが気になるなら

消費者金融の金利が銀行より高めなのは周知の事実です。
ですが、今すぐお金が必要だという方にとっては消費者金融の利用が便利といえます。

 

なぜなら銀行は低金利ですが、審査が厳しく、申込から融資までに時間がかかるというデメリットがあるからです。
その点、消費者金融なら最短即日で融資を受けることができます

 

消費者金融の利息は、利息制限法によって上限が定められています。
契約の際には契約書の内容にきちんと目を通し、記載された金利が法律を違反していないか確認しましょう。

 

法律によって定められた金利の上限は以下の通りです。

 

  • 元本が10万円未満の場合は年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%
  • 元本が100万円以上の場合は年15%

 

つまり、借入金額が多ければ多いほど金利が低くなります。
しかし、消費者金融をはじめて利用する場合は、借入希望額をあまりに多く設定すると審査に通りにくくなります。

 

そのことをふまえて考えると、はじめての利用の際の金利は18%で設定されることがほとんどでしょう。
どの消費者金融を選んでも、金利はほとんど変わりません。

 

では、どうすれば利息負担を減らすことができるのでしょうか?
それには二つの方法があります。

 

一つ目の方法は、無利息サービスがある業者を利用することです。
大手消費者金融の中には、はじめての利用者限定で、一定期間利息が無料になるサービスを提供しているところがあります。

 

無利息期間中に完済すれば、利息負担なしで借入をすることができます。

 

覚えておきたい恬として、毎月の返済額はまず利息の支払いに充てられ、その差額が元金の返済に充てられます。
毎月の返済額が少ないといつまでたっても元金が減りません。

 

完済までに時間がかかればかかるほど利息負担が増えていきます。
ですから、利息負担を減らすための二つ目の方法は、月々の返済額を少なくしすぎないということです。

 

消費者金融の金利は高めですが、利用の仕方次第で負担を大きく減らすことが可能です!